さる11月21日、東京監査委員から監査結果の通知が請求人にありましたので、ご報告させていただきます。

● 通知の書面をPDFにして掲載しましたのでご覧ください。

PDFファイル: 監査結果の通知

上記のPDFの最初の2ページが監査結果の通知です。“本件支出は、本件派遣決定を原因として行われたものではないから財政支出の違法にはあたらないとして、不適法却下とする”ものです。

このPDFの末尾には、通知文に挙げられている水戸地裁の判決理由も載せてあります。

● 結果通知は東京都監査事務局のHPからも閲覧できます。

「住民監査請求結果 平成28年度受付分」の24番目の項目をご参照ください。
東京都監査事務局「住民監査請求結果(平成28年度受付分)」(http://www.kansa.metro.tokyo.jp/08jumin/28jumin.html)

監査委員の構成(代表監査委員は警視庁OB、他も自民と公明の都議など)からして、まともな結果がでてくるとは考えていませんでしたが、意見陳述さえも認めず一方的な通知で終えようとするこの通知は、予想以上にひどいものでした。

沖縄では、意見陳述の日取りが決まったということですので、東京と判断が違っていることになります。(ただ、沖縄の監査請求の構成は、本土から派遣される機動隊員の経費の一部を沖縄県が負担するのが違法な支出というものであり、原因と結果の一体性が強いとは言えそうですが)

実行委員会として、今後どのように対応するかを至急検討して改めてご報告したいと思います。

● 今後について。

通知が到達した翌日から30日間が住民訴訟の提起期間ですので、今後のアクションをおこすとすれば12月21日までとなります。

詳細はこのブログなどでお知らせいたします。よろしくお願いします。

広告